効果実績例

Case 1

コンバージョン率が半年後に3倍になりました!

ブリッジページを公開設定してすぐにCVRの上昇を実感。もともとCVRが低いこともあったが、6ヶ月目には当初1%だったのが3%まで上昇。月単位で3倍に!

Read More
Case 2

起点ページのA/Bテストでサイト全体の満足度を上げました

起点ページの切り口を2パターンに分けてA/Bテスト。離脱率の低い方を優先するPDCAを繰り返して行うことで、ユーザーの滞留時間が増加。それに合わせてコンバージョン数も徐々に向上中!

Read More
Case 3

コラム記事を変えるだけでなくブリッジページを挟むことでCV数が爆上がりに!

ユーザーの1,2タップ(行動量)が増えたところで、しっかりとした情報設計を組めば、CVRは劇的に向上することが分かりました。ポイントは「ターゲットに対して、サービスを訴求する理由付けがしっかりできていること」にありました。

Read More

PAGE Deliveryとは
既存のコラムを設計し直し、次に進みやすいようにリライトしたり新規作成したりします。
そして、その次のユーザー動態を仮説付けたブリッジページを作成し、
効果と検証を両立します。
検証結果に合わせてブリッジページを常時改善。

ブリッジページは非エンジニアでも修正できるよう、
コードを使わずに直観的に操作・変更できる仕様となっています。

PAGE Deliveryとは

Webサイト内のコラム記事からPAGE Deliveryを通して
エントリーフォームまでをスムーズにセッションしてもらう仕組み。

お問い合わせ
各種お問い合わせ方法を取り揃えています
お好みの方法でご連絡ください