その 記事を 記事に えます!

SEOを意識しすぎて、客観的な情報を

掲載しているだけの


論理構造になっていませんか?
検索順位が上がるだけで誰も得しませんあなたまでも。

Data_01
検索上位の記事ページからの直帰率
83.3%
当社調べ※
検索上位の記事ページの滞在時間
242
当社調べ※

いくらSEOを意識した記事を書いても、中途半端に


読まれて満足して出て行ってしまうユーザーがほとんど。
こんな記事に毎月何十万円も支払っていませんか。

※当社調べについて
  • 2021年3月~2021年6月
  • お取引企業様のお取引事前調査
  • 81社(90アカウント)
  • ヒアリングアンケート&Google Analytics
Data_02
Q. 施策したい検索キーワードに関連する語句をなぞって


記事を書くことが多い?
はい
74.4%
当社調べ※

自身のサービス対象となるターゲットを見ずに、検索


キーワードだけを見てコンテンツをライティングしても


サービスへの申し込みは増えませんよね?

※当社調べについて
  • 2021年3月~2021年6月
  • お取引企業様のお取引事前調査
  • 81社(90アカウント)
  • ヒアリングアンケート&Google Analytics
Reason
SEOを意識するあまり論理構造

マンネリ化してしまい
書き手読み手飽き飽きしているんです
  • 観性重視で論理構造を作りたがるから、
    似たり寄ったりの記事ばかりになる

  • 識として情報を与えるだけで、
    サービス利用を促進させる記事ではない

  • 脈なく、サービスバナーを掲載しているだけで
    しっかりと情報を繋げようとしていない

  • 客観性

    客観性重視で論理構造を作りたがるから、
    似たり寄ったりの記事ばかりになる

  • 知識

    知識として情報を与えるだけで、
    サービス利用を促進させる記事ではない

  • 文脈

    文脈なく、サービスバナーを掲載しているだけで
    しっかりと情報を繋げようとしていない

Needs
運営のWebサイトで
以下にひとつでも当てはまったら

PAGE Deliveryの出番です
01
業者に依頼している客観性重視の


記事が直帰率85%以上

SEO会社やライティング会社に依頼している各用語説明の記事が キーワードに対する施策ページに過ぎないため、流入はあっても ユーザーはすぐに出て行ってしまう。

02
自分たちの記事は読んでも


無機質で面白くない

納品された記事をコーディングしてアップするだけ、 担当なのに読んだこともない。読んだところで 「ふーん、これがSEOに強い記事なのね」で終わっていて、 それ以上考えたことがない。

03
作成し続けて膨大になったコラム記事の

上手い使い道はないか、悩む

次々に作成していったは良いが、非常に多くなってしまった記事。 これらをどうすれば良いか分からず放置してしまっているが、情報も古いため、 いつか整理しなければならないと思っている。

04
各ページに流入があっても


全然コンバージョンに結びつかない

流入数はあるが、思うように訪問者が動いてくれておらず、コンバージョンが上がらない。 また、Webサイトから実売上にも結び付かず、営業強化せざるを得ない状況になっている。

05
本当にSEOに寄与している


コンテンツページなのか懐疑的

SEO会社からは「こういった記事のひとつひとつが サイト全体に寄与しているので意味がある」と言われているが、 本当にこの流入が少ないページでも置いていて意味があるのか懐疑的。

06
コンバージョンするWebサイトの


組み立て方が分からない

そもそもどういう設計をすれば良いか分からず、 どうも自分のWebサイトは他のWebサイトとは違うような気がする。 競合はどういう見せ方をして組み立てているのか調べ方も分からない。

Solution
PAGE Deliveryとは
を行い その先の コンバージョンまでの 実現して売上を上げます
準備
情報を設計し直し、コラムを見直し

画一的なコラムを脱却し、SEOにおけるコンテンツ力を強化しつつ


「どんな人」に「どう読み進めてもらいたいか」を具現化したコンテンツへ変えます!

実行
そのままユーザー目線のページを用意

Webサイトにあるサービス紹介ページは、提供側目線の訴求に過ぎません。
流入したコラムで設計した流れに沿ってサービス訴求へグラデーションするブリッジページを用意します!

検証
専用ダッシュボードで「そこだけ」分析

誘導元コラムとブリッジページとそこからのコンバージョン導線の3点をピンポイント分析。雑味のない核となるマーケティングアプローチが手に入り、且つそれが属人化しない資産となります。

PAGE Delivery のサービス
コラム記事を修正し、専用ページを

配信することで


コンバージョンへの

階段作りを行います
Step.1
コラム記事改修

流入パフォーマンスはそのままに
コラム記事ページを見直して
情報を追加設計

Step.2
次のページを作成

コラムからのターゲット温度を保ち
サービスへの利用を促進する
ブリッジページを配信

Step.3
コンバージョンへ

狙い通りのコンバージョンに向け
エントリーページやステップ
ページへ送客

常に状況を把握できる

管理ダッシュボード
  • コラム記事
  • ブリッジページ
  • その先の送客CV

3点に絞った専用ダッシュボードを発行。
掲載位置等のパラメータも含め、

この核となるマーケティングを検証することで
基盤となるカスタマージャーニーの発見にも繋がります。

Benefit
PAGE Delivery がもたらすもの
コンバージョン効果と

テストマーケティングの両立を実現!
設計
効果を出す情報設計

ブリッジページとしてターゲットにもたらす利益を徹底追及。 貴社と話し合いを重ねながら、弊社だからできる達観的な情報設計を丁寧に作成します。

試算
投資回収する

シミュレーションによるKPIをご共有します。進捗に合わせてコラムやブリッジページを改善し、投資を回収し続けられる仕組みを作ります。

体制
仮説監視

期待通りの効果が出ているか常時ダッシュボードでセッション状況をチェックできます。弊社でも確認できるため成功軌道を見失うことはありません。

検証1
ターゲット検証

どんなマインドを持っているターゲットがコンバージョンするか仮説付けて設計しているため、セッション分析によって明確な効果検証ができます。

検証2
訴求点検証

どんなベネフィットがターゲットの心に刺さるのか 仮説付けて設計しているため、セッション分析と送客動線から、 訴求点の検証ができます。

検証3
流入元検証

ブリッジページの流入元となるページの誘導枠にも パラメータ設定しているため、どこからの動線が効果的か、 流入元の適正を検証できます。

Action
実施までに弊社から
ご提案すること
  • ご提案1

    ターゲットの設定、導線、コラム修正案、検証法の4つをご提案いたします。

  • ご提案2

    ブリッジページ案とその専用ドメイン案をご提案いたします。

  • ご提案3

    各種制作スケジュールや公開日をご提案いたします。公開月からご契約開始です。

PAGE Delivery の費用体系
ご用件に応じてカスタマイズ
(詳細はお問い合わせください)
A
初期費用
一律
50,000(税別)
B
コラム改善費
(3パターンより選択・相談)
記事単位でリライト
記事
30,000(税別)
挿入する文節作成
50,000(税別)
新規記事作成
記事
¥ASK
C
ブリッジページ作成費
ページ
300,000(税別)
D
月次運用費
(3パターンより選択・相談)
シームレス対応
月額
200,000(税別)
年4回対応
月額
100,000(税別)
ダッシュボード利用のみ
月額
50,000(税別)
Voice
Page Delivery の実績
効果実績例
Contact
少しでも行き詰まりが感じられたら
お気軽にお問い合せください
資料請求
無料診断
1on1セミナー